鍼灸師として本物の知識とマインド。鍼灸院の集客経営を学ぶブログ

予約制鍼灸院でやってしまいがちな失敗

予約制鍼灸院でやってしまいがちな失敗

あなたの鍼灸院は予約制ですか?

僕は偵察というか勉強のために、いろいろな治療院にいきます
その多くは予約制なんですが、たまに予約制にもかかわらず
待たされることってあるんですね

あれって僕はめちゃくちゃ嫌いです
予約した意味ないやん!って思ってしまうわけ

 

あなたの鍼灸院でも、もし予約制ならば
待たせることがないように対応できれば理想です

でもそればっかり重要視していると、どうしても時間のロスが生まれ
鍼灸院の売り上げに響いてくることもあります

なのである程度、患者さんを待たせてしまうことがあっても
それは仕方がないことなのかもしれません

なので、本当に大事なのは、その待たせてしまった後です

 

よくやってしまっているのは、待たせているのにほったらかし
ちゃんと時間通りに来た患者になのになんの説明もなく待たせている状態

これってね、待つほうからすれば
ものすごーくストレスがたまるんです。ほんでもって不安

いつまでここで待てばいいのよ!と怒る人もいます
私のこと忘れているんじゃないかなぁって不安になる人もいます

 

だから患者さんに待ってもらうときは、必ず待たせる時間を伝えましょう
できれば待たせる理由も添えて
たったこれだけのことでかなり違ってきます

なんにも告げられずに待つ15分と
15分待ってくださいと告げられて待つ15分
この15分の違いがわかりますでしょうか?

 

僕はよく治療院で待たされるのでよくわかるんですが
この二つは全然違うのです

特に受付のお姉さんが、申し訳なさそうに理由を説明してくれたときなんか
あー、気にしなくていいんですよ。という気持ちになる

それなのに、この簡単な気遣いができていない
鍼灸院、治療院が本当に多いのです

 

そして、受付の方だけでなく、鍼灸の施術をするあなたも
施術に入る前に一言でいいので謝意をあらわしてください

そんなことしたら威厳がなくなる!という治療家、鍼灸師がいます
でもね、それは僕は間違っていると思います

なぜかというと、威厳とエラそうな態度とは根本的に違うから

 

治療スタイルにもよるでしょうが、
鍼灸治療の効果を最大限発揮するためには
ある程度の威厳が必要になってくる場合もでしょう

それに対してなんら反論はありません

 

でもね、威厳を示したいならば、鍼灸師としての技術や
その鍼灸についての説明などで示せばいいんですよ
なにも頭を下げないというところで示す必要なんてないんです

 

鍼灸院など治療院が繁盛していけば、今回のような予約時間に限らずとも
いくつも患者さんから不満の声が上がってきます。
これを全て事前に防ぐことは難しいです

ですが、これらもおきた後にしっかり対応すれば
大してマイナスにはなりません。
むしろその対応によれば鍼灸院経営にプラスになることもあるぐらい

 

あなたが鍼灸師として活躍したいのであれば
患者さんが治療に入るまでの環境など、治療以外の部分にも
最低限のところでいいので気を使ってください
それはそのまま施術効果にだってつながります

せっかく素晴らしい鍼灸の腕があっても、
余計なところで足を引っ張って評判を落としてしまう

これって鍼灸師であるあなたのためにもならないし
患者さんのためにもなりませんよ

 

治療院集客経営コンサルタント、加藤

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

鍼灸院の問診 無料レポート
鍼灸院集客経営7日間無料メールセミナー
ページ上部へ戻る