鍼灸師として本物の知識とマインド。鍼灸院の集客経営を学ぶブログ

夘野挨拶

鍼灸院 天空の夘野

こんにちは、鍼灸院 天空の夘野と申します。
現在、鍼灸単独、完全予約制、実費治療のみの鍼灸院を経営し、鍼灸治療にあたっています。

 

私が鍼灸の免許を取ったのは、昭和58年で、
かれこれ30年に渡り鍼灸師として生活してきました。

私が鍼灸師になったのは、単に進学先がなかったからでした。
高校受験に失敗し、公立高校に進み、クラブ活動や読書三昧で遊び倒し、
高校3年時には、さて、どこに進学するかという状況でした。

心療内科医を目指していましたが、私立ではお金がないし、
国立は学力が足りないし、はてさてと、途方に暮れていました。

当時、父親が坐骨神経痛で苦しんでいましたが、鍼灸治療で改善していき、
父親から「鍼灸でもするか」と言われ、進んだというのが理由です。

 

私が入学したころは、養成施設の数も少なく、関係者の子弟以外が、
入学するのは鍼灸科といえども困難でした。
柔整科に至っては、学内推薦以外はほぼ入学できない状況でした。

何も知らずに入学した私には、一種、異様な世界であったことを鮮明に覚えています。

鍼灸科の学生時代もモラトリアムは続き、アルバイトの明け暮れ、
ほとんど勉強はしていませんでした。

 

転機が訪れたのは、卒後、中医学に出会ってからです。
中医学が日本に入る、黎明期でした。

初めて、鍼灸をまじめに勉強するようになりました。

その後、中国への短期留学を経て、内科クリニックで、
実費の鍼灸治療を担当したのが、鍼灸師としての仕事の始まりです。

 

3年後くらいに開業し、何とか生活できるまでになっていましたが、
阪神大震災があり、廃業しました。

廃業後は、鍼灸整骨院の分院長や整形外科などに勤務していました。
そのような状況でも、鍼灸や現代医学の勉強は進めていました。
鍼灸は中医学から古典へと移行し、現代医学は、免疫、病歴のエビデンスなどです。

そして、それらのことを統合することなども勉強してきて、現在も続けています。

 

今回、再度、開業したのは、
本物の鍼灸を広めたい、伝えたいという思いがあります。

鍼灸治療は、みなさんが思っている以上に
さまざまな病気を治すことができ、切れ味もあります。

 

今回、医療系コンサルの加藤先生から、共同で、
鍼灸師・治療家向けのブログを書かないかとお誘いがあり、お受けしました。

加藤先生は、単なるコンサルではありません。

マーケティングで繁盛すればよいという考えではなく、
きちんとした技術、理論を持っている先生が、情熱をもって治療にあたる、
そういう先生を応援するという理念があります。

 

このブログでは、鍼灸や現代医学に関する内容は夘野が、
マーケティングなどは、加藤先生が書いていくことになります。

単に知識だけでなく、どのように学習していけば身に付けることができるのか、
医療人としてどうあるべきかなどにも触れたいと思っています。

そして、ブログで伝えることが可能であれば、
鍼灸の奥深いところまでとも考えています。

臨床家とコンサル業なので、
考え方に違いがあるように感じるかもしれませんが、
それは、単に表現の違いでしかありません。

二人とも、原則としての考え方は同じだからです。

 

このサイトを通じ、鍼灸を含めた医学とマーケティングの両方を学び、
また、人間学も学び、鍼灸師・治療家として活躍し、多くの病み、
苦しんでいる患者さんを救って頂ければ、これに勝る喜びはありません。

 

鍼灸院の問診 無料レポート
鍼灸院集客経営7日間無料メールセミナー
ページ上部へ戻る