鍼灸師として本物の知識とマインド。鍼灸院の集客経営を学ぶブログ

鍼灸院でPECOを使って患者の問題を定式化する

日常診療の中で、疑問は、常に生じてきます。
これは、経験や知識・技術の多寡にかかわりません。

この疑問にどう対処していくかは、臨床家である限り続いていきます。

この疑問は、大きく2つに分けられます。

  • 特定の患者を前にした時に生じる個別の疑問
  • 個別の患者の問題を一般化した総論的疑問

 

例を挙げてみますと。

〇個別の疑問

目の前の高血圧患者にどのような治療をすべきか?
PECOで定式化される

 

〇総論的な疑問

高血圧の一般的な基準はどのように決まっているのか?
標的となる疾患と5W1Hの2つの要素から定式化される

 

一般に語られているのは、総論的な疑問がほとんどです。

しかし、臨床において、必要なことは、あくまで目の前の患者さんのことです。
そのためには、個別の疑問にどう対処していくのかが、大切なこととなります。

この個別の医療としてのEBMを実践するにあたり、5つのスッテプがあります。

 

EBMの5つのスッテプ

スッテプ1.患者の問題の定式化
スッテプ2.問題についての情報収集
スッテプ3.情報の批判的吟味
スッテプ4.情報の患者への運用
スッテプ5.1~4のプロセスの評価

 

患者さんの問題をどう引き出すか、
患者さんに情報をどうフィードバックするかというスッテプに重きが置かれます。

すなわち、スッテプ1の患者からの情報と、
スッテプ2,3の患者以外からの情報を統合して、患者さんに生かすことです。

この作業が、個別医療としてのEBMの実践となります。
日々の臨床における個別の患者さんの問題・疑問を明らかにしていくことになります。

 

そのためには、いわゆるクリニカル・クエッションをリサーチ・クエッションにしなければなりません。単なる疑問を、検討できる疑問に置き換えるわけです。

この時に用いられるのが、PECOと呼ばれる4つの要素を明らかにして、定式化する方法です。
これが、「スッテプ1.患者の問題の定式化」に当たります。

EBMの実践には、このPECOを活用することが大切になります。

 

PECOとは?

  • Patient→どんな患者に
  • Exposure →何をすると
  • Comparison→何と比べて
  • Outcome→どうなるか

の頭文字を取ったものです。

日々の臨床において、個別の患者さんの問題を明らかにする際に、
この4つの要素を明確にし、定式化していきます。

例を挙げてみますと。

ある会社の非特異的慢性腰痛患者(P)に、
鍼治療をする場合(E)と
標準治療(C)とを比べて、
RDQの改善が見られたか(O)という具合です。

 

P→ある会社の非特異的慢性腰痛患者
E→鍼治療群
C→標準治療群
O→RDQの改善

 

outcomeの設定

outcomeの設定に当たっては、疼痛の改善というような代用のoutcomeではなく、
RDQの改善のような真のoutcomeで設定することが重要になります。

鍼治療群が、標準治療群より、効果が認められたという先行研究があれば。

若手鍼灸師の先生の鍼灸院に、来られた非特異的慢性腰痛患者さんに、
鍼が効くのか?という漠然とした疑問を、明確にできます。

 

このように先行研究を調べることにより、目の前の患者さんの問題を、
PECOにして、定式化していくことができます。

臨床家に限りませんが、outcomeは、重要になります。

患者さんの望むoutcomeと医療としてのoutcome が、一致する場合は問題がありません。
そうでない場合は、患者さんと伴に、outcomeを探すことが大切になってきます。

 

例えば、疲労骨折による急性腰痛症だが、翌日の試合には出たい、
出場しなければならないという場合などです。

この時には、用意された答えは、無いというのが正解です。

患者さんを目の前にして探すことから始まります。
ここまでくれば、後は、スッテプ2~4を順次、行っていき、実際に治療に進みます。

スッテプ2.問題についての情報収集
スッテプ3.情報の批判的吟味
スッテプ4.情報の患者への運用
スッテプ5.1~4のプロセスの評価

 

情報収集には、教科書、PubMed、up to date、Mindsなどがあります。
教科書と、Minds以外は、英語文献となります。

そして、得た情報を吟味し、実際に目の前の患者さんにとって有用であり、
無害であるかを検討し、治療手段として選択していきます。

 

鍼灸院天空 夘野裕樹

鍼灸院の問診 無料レポート

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

鍼灸院の問診 無料レポート
鍼灸院集客経営7日間無料メールセミナー
ページ上部へ戻る