鍼灸師として本物の知識とマインド。鍼灸院の集客経営を学ぶブログ

鍼灸院に新規集客・集患するための3つのなぜ

鍼灸院で新規患者さんを集客・集患する場合は次のことを意識してください

  1. なぜそのサービスを受けなければならないのか
  2. なぜあなたから受けなければならないのか
  3. なぜ今受けなければならないのか

この3つが大事なポイントになります

 

なぜそのサービスをうけなければならないのか?

ここでいうサービスとは、鍼灸治療と考えてください。

世間には鍼灸だけではなく、整体院も整骨院もマッサージ院もあります
それより以前に一般的に一番信頼が高そうな、病院だってライバルです。

つまり、たくさん治療法があって選択できるわけです。

なのに、なんでわざわざ鍼灸治療を選択する必要があるんですか?という意味

 

どの手技療法でもそうですが、特に鍼灸においてはここは大事です。

なぜなら、鍼灸の認知度や理解も上がってきたとはいえ、
まだまだ整体やマッサージに比べると、選ばれる順位が低いからです

少し言い換えると、お手軽さが足らないといってもいいかもしれません。

ちょっとマッサージでも受けるか。と、なる人が多くても
ちょっと鍼灸でも受けるか。と、なる人は少ないのです

 

だから、たくさんある中で、なんでわざわざ鍼灸なんだ
というところをわかってもらわないと、メリットを感じてもらわないと、
納得してもらわないと、期待を持ってもらわないとダメなのです

 

鍼灸院のホームページ見ている段階で、鍼灸を受けたい人に決まってるやろ
そう思う人もいるかもしれませんが、半分正解で半分間違いです。

例えば、「鍼灸 大阪」なんて検索をして、
あなたの鍼灸院のホームページにたどり着いたとします

おそらくこの方には、それほど鍼灸を受ける必要生の説明はいらないかもしれません
だって最初の段階で鍼灸治療を視野に入れているわけですから

 

でも、検索ってのはそれだけではありません
「大阪 腰痛治療」なんて検索をする人もたくさんいるわけです

そうなった場合、検索結果に現れるのは、
病院であったり、整体院、マッサージ院、整骨院、サプリメントなど
さまざまな腰痛解決法が表示されることになります

 

で、ここで運よくあなたのサイトを見てくれた人に
鍼灸ってのはこんなこともできるんだよ。あなたにぴったりの治療法だよ
ということを納得してもらえることができなかったら、
その人は患者さんになってくれることはないでしょう

 

ネットで治療院などを探す人は、3~5ヶ所のサイトを見比べるといわれています
ということは、その中の競争に勝つ必要があるわけです

 

なぜあなたから受けなければならないのか

鍼灸を受けるべき理由はなんとなくわかった。

じゃあ鍼灸治療を受けてもいいかな。受けてみたいな。
そう思った場合でも、じゃあなんでわざわざアンタから受ける必要あんの?
ここを納得してもらう必要があります。

だって鍼灸院はほかにもいっぱいあるわけですから

 

基本的には、あなたの鍼灸院のウリや特徴を伝えることになります

うちは他の治療院と違ってこんなところが優れているんですよ
だからあなたが来ればこんな素晴らしいメリットがありますよ

と、あなただからできることをアピールするわけです

 

で、多くの先生がここがあまり得意ではありません。
理由はそんな違いや特徴なんてほとんどの鍼灸院が持ってないからです

ウリや違いはどの治療院にもあります
なんてキレイごとを書くのは簡単ですが、実際のところそんなにない。

でもこれは、こちら側から見れば違いなんてない。というだけです

これぐらい鍼灸師なら誰だってできる。
たいした経歴も持ってないし、特別すごい治療ができるわけでもない
あなたの自己評価はそうであっても、評価するのはあなたではありません

 

以前にこちらの記事でシュリッツビールの例を挙げました
→ 鍼灸院の集客は伝えることが大事

 

あなたにとって、鍼灸師にとって当たり前でも、
普通の患者さんにとっては当たりまえではないこともあります

また、なにを買うかも大事ですが、誰から買うか
ここも同じかそれ以上に大事な要素です

あなたから買いたい。あなただから買いたい
そう思ってもらえるように伝えることが大事です

 

なぜ今受けなければならないのか

最後の今受けなければならないについては、
別に今でなくてもええやん。と思ってしまいがちです

実際のところ、今でなくてもいい理由はあるかもしれませんが
新規集客という点だけで考えると、今が一番成約率の高い瞬間です

 

明日でいいや。とか、もう少し検討してから・・・
この、余計な空白時間は必ず成約率に響きます。
つまり新規集客数が減るという意味

 

なので、なぜ今受けなければならないのか?その理由は●●だから。
この●●の部分もしっかり伝えることが必要になってきます。

方法としては、小手先のものでは、●日まで限定の割引きをする
●人限定で受けられるメニューにする。

といったものがあげられます。
簡単で単純な方法ですが、一定の効果が見込めます。

 

その他は、見込み患者さんに、
問題として意識してもらうことができるか。
早く受ける必要があると思ってもらえるか。

こういったことをイメージさせられるかが重要です

これまた小手先ではありますが、「今すぐお電話を」と書くだけでも
一定の効果が見込めます。

人は行動を具体的に指示されると、従ってくれる確率がアップしますので

 

以上の3つが新規集客においてのポイントになります。
この3つをクリアすることができれば、おのずと成約率があがります

今後の新規獲得の行動の際には、この3つを意識してみてくださいね

 

治療院集客経営コンサルタント、加藤

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

鍼灸院の問診 無料レポート
鍼灸院集客経営7日間無料メールセミナー
ページ上部へ戻る