鍼灸師として本物の知識とマインド。鍼灸院の集客経営を学ぶブログ

鍼灸院の単価を上げ売り上げをアップさせる方法

暑くて夏バテ気味なんですが、いっこうに痩せる気配がございません。
なんででしょうか・・・ こんにちは、加藤です。

 

鍼灸院の売り上げは以下の3つの要素の掛け算で決まります
顧客数(新規) × リピート頻度 × 客単価 = 売り上げ

これは鍼灸院に限ったことではないんですが、どんな商売でも
この3つの要素のどれかを上げれば、売り上げが上がります

リピート頻度としてしまうと、わかりにくいと思う先生は
( 新規数+リピート数 )× 客単価 = 売り上げ  と考えてもらってもOKです

 

で、普段、鍼灸師の先生など治療家と接していると、
だいたいが新規を追っかけています。そしてその次がリピート

ほとんどの先生は単価まであんまり意識していません
冒頭にも書いたように、売り上げだけを見るならば、単価も考えるべきです

 

施術料金も倍にして、患者さんが半分以下にならなければ
売り上げという点でいえば、それが正解になります

もちろん売り上げだけを考えて鍼灸院経営しているわけではない
そういった先生もいますので、誰にとっても正解というわけではありませんが

 

松竹梅戦略で単価を上げる

単価を上げるには、「松竹梅」がもっとも簡単で手っ取り早いといわれています

特別鍼灸・・・10,000円
通常鍼灸・・・7,000円
部分鍼灸・・・5,000円

といった感じですね。
実際にこれをやると、ほとんどの治療院で単価は上がります。

ただ、治療院で、鍼灸院で松竹梅の価格戦略ってどうなの?
と抵抗を感じる先生もいるかもしれません。

 

どんな患者さんが来たとしても、自分の持っている技術すべてを使って
症状を改善させることに集中するのがポリシーだ!って鍼灸師や

価格差をつけても、ついつい安いほうのコースの人でも
高いコース内容のことを行ってしまう。なんて鍼灸師

こういう先生には正直この価格戦略は向いていません。
だったら最初からやめたほうがいい。

 

実際に僕がかつて経営していた整体院では
誰にでもベストなものを提供すべきとの考えから、コースは1つだけでした

 

目的を変えてコースを設定する

さきほどの松竹梅と似ていますが、少し違うのが
目的を変えてコースを設定する方法です

よくあるのが、美容鍼灸、美顔鍼灸の専門コースを作る方法です

こうすると、治療そのものに価格差をつけることに抵抗を感じる先生でも
意外とすんなり高単価コースを作れる場合があります。

患者さん側も、わかりやすいので、高くても受けてくれやすい傾向にあります
コースを作っただけではダメですけども(ここについてはまた今度)

 

もちろん美容でないとダメというわけではなく
メンテナンスコースであったり、スポーツのパフォーマンスアップのコース
といった感じにその目的別に作ることができます。

 

鍼灸治療以外の部分に価格を設定する

治療でしか価格差をつけれらないわけではありません。
例えば、時間帯や曜日によっても価格差をつけることができます。

日曜日は2割増し、夜間は3割増しなど
曜日や時間帯によって価格差をつけることでも単価アップは見込めます。

これも意外と患者さんの抵抗は少ないです。
やってみないとわからないことですが、そんなに患者さんが減りません
安い値段で受けたい人は、その時間になんとか来ますから

 

これをすると、普段、日曜日にたくさん断っていたという鍼灸院でも適正人数になって、
これまで受けられなかった患者さんにとっても
同じ労力で売り上げが上がった治療家にとっても、プラスになる場合があります

時間帯や曜日によって偏りがある鍼灸院なら、この方法はおすすめです

 

あとは、複数スタッフがいる鍼灸院であれば
院長と他のスタッフによって価格差をつけてもいいですし、
指名料を設定するというのもひとつの手です。

これはかつて僕のサロンのほうでやっていましたが
導入するにあたって特にそれに対して問題は起こりませんでした。
つまりそのまま労せずして売り上げだけアップ。

これも鍼灸院とサロンでは違うところもあるので
あなたの鍼灸院にそっくり当てはまらない場合もあるので、その点は考慮してください

 

院内のスペースにもよりますが、特別ルームを作る方法もあります。
この部屋で施術したけりゃ、特別料金払えよ。という意味ですね。
新幹線のグリーン車みたいなもんです。

先ほどのスタッフによって料金差をつける方法と、組み合わせてもOKです
院長の場合はすべて特別ルーム使用なんて感じに

 

と、アイデアはひねり出せばそこそこ出てくると思います。
単価を上げる=値上げというイメージがある先生も多いかもしれませんが
やり方によってはそんなことばっかりじゃないんですね。

単価を上げて、売り上げをアップさせたい先生は、是非参考にしてください
参考にするたけでなく、実践もお願いしますね(*^-^)

 

治療院集客経営コンサルタント、加藤

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

鍼灸院の問診 無料レポート
鍼灸院集客経営7日間無料メールセミナー
ページ上部へ戻る