鍼灸師として本物の知識とマインド。鍼灸院の集客経営を学ぶブログ

鍼灸院を安定的に楽しく繁盛させていきたい先生へ

鍼灸院を安定的に楽しく繁盛させていきたい先生へ

こんにちは、加藤です。

こんなこと書くと柔道整復師などから怒られるかもしれませんが、
僕の中では、鍼灸師の先生は他の資格者に比べ勉強熱心というイメージがあります。
あくまで僕の個人的なイメージです。

これまた僕のこれまでの経験から来る個人的な考えですが
こつこつマジメに頑張って技術を磨いていれば、
いずれ患者さんがたくさん来てくれる。
そう思っている鍼灸師が他の治療家よりも多いような気がします

 

もちろん、それ自体を否定する気はありません。
技術を磨くことは大事です。たぶん技術があれば患者さんは来るでしょう。

でも、時間がかかります。
それに、本当に技術だけで治療院を成り立たせるのは、相当な腕が必要です。

はっきりいってほとんどの治療家にはそこまでの技術はない。
と、そうも思っています。

治療できないと言っているわけではなく、
技術だけでやっていくなら、中途半端なものじゃダメということです。

 

宣伝したりすることを、卑しい行為のように思っている先生も
ひょっとしたらいるかもしれません。

マーケティング?そんなもん必要ない。
鍼灸院は他の商売とは違うんだ!そう思っている人もいるかもしれません。

そこの思いや考えが強い人は、そのまま頑張ってもらえればいいんだけど
あなたが、もし、もっと売り上げを上げたい。もっと多くの患者さんの施術をしたい。
そう思っているのではあれば、マーケティングについて考えてみてください。

 

マーケティングとはなにか?

マーケティングの正しい定義は僕はわかりません。
いろいろな人がいろいろなことを言うので。

 

なので、僕なりの定義になりますが、マーケティングの定義は以下です。

人が欲しいなと思う商品やサービスを作って、
それを欲しいと思う人に、正確(魅力あるものに)にその情報を届けて、
ほんでもってそれをちゃんと手にいれられるようにすること

 

 

マーケティングというと、

鍼灸治療受けてください!お願いします!
すごくいいですよ!お願いします!
なんらな安くしますよ!お願いします!

と、チラシなどでお願いするイメージを持っている人がいます。
もちろんこれも間違ってはいないのですが、大正解でもありません。

 

基本的な考えは、あなたの商品のことをちゃんと伝え
そして、それが欲しいと思った人がちゃんと買えるようにすること。

これがマーケティングです。

つまり、マーケティング=セールスではないのです。

日本でも少し前に有名になった、ピーター・ドラッガーもこんなことを言っています。
「マーケティングをちゃんとやりゃセールスなんていらんよ」と

 

あなたは鍼灸治療において、痛みや不快な症状を治せる技術を持っています
そしてそれを必要としている人がいます。

その両者をスムーズに結びつけるのが、マーケティングです。

 

このマーケティングを適切に行えないとどうなるかというと
患者さんが来ない。自分に合っていない患者さんが来る。
この二つがあなたの鍼灸院の問題として持ち上がってくるのです。

 

集客塾について

あなたの治療を必要とする患者さんに来てもらうため
あなたがやりたい治療をするためには、技術だけではなかなかむずかしいです。

かつて僕自身が、技術のない整体院をやっていたのでわかりますが
技術なんぞなくても治療院は繁盛します。

 

もし、あなたの鍼灸院の近隣に技術もないのに繁盛している治療院はありませんか?
なんてあそこは技術もないのに・・・って思いませんか?

思っているだけじゃ現実はなにも変わらないので、
その現状に不満があるならば、自分で変えるしかありません。

その変え方はいろいろあると思いますが、
その一つとして、僕の主宰する集客塾があります。

 

カリキュラムは1人鍼灸院など、小規模治療院向けに作っています
なので、1人治療院で、月収70万に到達していない鍼灸師であれば
まさしく得たい情報や、学びがあるはずです。

 

楽しく安定的に繁盛する鍼灸院を作っていきたい。
そんな先生の参加をお待ちしています。

集客塾の詳細はこちらから ⇒ http://therapistsupport.com/zyuku/

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

鍼灸院の問診 無料レポート
鍼灸院集客経営7日間無料メールセミナー
ページ上部へ戻る