鍼灸師として本物の知識とマインド。鍼灸院の集客経営を学ぶブログ

尤度比の合成・近似値・検査前オッズを用い鍼灸院で診断する

尤度比の合成と近似値を用い鍼灸院で診断する

尤度比を理解すために、その計算方法を前回、説明しました。 →陽性尤度比と陰性尤度比を使い鍼灸院で診断する 実際の臨床において、計算をするのは時間的な制約があり、難しい面があります。 そこで、近似値を使うことが良くあります。

詳細を見る

鍼灸院は自宅やマンションの1室で開業しても成功しますか?

鍼灸院は自宅やマンションの1室で開業しても成功しますか?

鍼灸院の話ではなく、恐縮なのですが、整体院の先生から質問をもらいました マンションの1室で整体院を開業したいのですがうまくいくでしょうか? こんな感じの質問。 んなもん、知るかいな。

詳細を見る

陽性尤度比と陰性尤度比を使い鍼灸院で診断する

陽性尤度比と陰性尤度比

前回の記事の続きになります。

詳細を見る

鍼灸院の新規集客はターゲット以外には無視されてもいい

鍼灸院の新規集客はターゲット以外には無視されてもいい

鍼灸院の新規集客を考える上で大事なこと それは、ほとんどの人に無視されたっていいということ 鍼灸師に限らないのですが、多くの治療家は多くを狙いすぎます 肩こりだってできる、腰痛だってぎっくり腰だって治せる 女性も男性も、…

詳細を見る

鍼灸院での診断に尤度比を使う具体例

鍼灸院での診断に尤度比を使う具体例

前回までに、診断の精度を理解するための4つの概念のうち、 検査前確率、感度、特異度の3つの復習をしました。

詳細を見る

鍼灸院のホームページ集客はパクっただけではダメ

鍼灸院のホームページ集客はパクっただけではダメ

鍼灸院のホームページで新規集客する場合 まず考えて欲しいのは軸を決めることです ターゲットという単語使うと、年齢や性別、 症状などで絞らないとダメを勘違いする人がいます もちろん、そうしてもらってもいいのですがなにも…

詳細を見る

鍼灸院で感度・特異度を使って鑑別診断をする方法

鍼灸院で感度・特異度を使って鑑別診断をする方法

鍼灸院での臨床において、感度・特異度を上手く使えば、鑑別診断がスームズに行えます。 実際に、どのように用いるのかを、実例を上げながら説明していきます。

詳細を見る

鍼灸治療で診断に関するEBMを実践するために

鍼灸治療で診断に関するEBMを実践するために

病歴のエビデンスに入る前に、加藤先生が、 「鍼灸師の未来」について、良い記事を書いてくださいました。 私から、簡単にコメントしておきます。 国民の受療動向という、厚労省が行っている調査があります。

詳細を見る

鍼灸師の年収は?未来は?鍼灸院のこれから

鍼灸師の年収は?未来は?鍼灸院のこれから

鍼灸師の平均年収ってどれぐらいだろう? と、思い、少し調べて見ましたが、 信用できそうなものが見つかりませんでした 鍼灸の専門学校などでは、卒業生を対象に 調査をしているところはあるそうです。

詳細を見る

鍼灸院で検査前診断の精度を理解するために必要なこと

鍼灸院で検査前診断の精度を理解するために必要なこと

病歴の科学化とは、ある意味、確率論です。 病歴(History)の科学化とは以下のような手順で進んでいきます。

詳細を見る
鍼灸院の問診 無料レポート
鍼灸院集客経営7日間無料メールセミナー
ページ上部へ戻る