鍼灸師として本物の知識とマインド。鍼灸院の集客経営を学ぶブログ

鍼灸院を安定的に楽しく繁盛させていきたい先生へ

鍼灸院を安定的に楽しく繁盛させていきたい先生へ

こんにちは、加藤です。こんなこと書くと柔道整復師などから怒られるかもしれませんが、僕の中では、鍼灸師の先生は他の資格者に比べ勉強熱心というイメージがあります。あくまで僕の個人的なイメージです。 (さらに&hellip…

詳細を見る

鍼灸師として差別化するために診断力をつける

古典的医学的診断

西洋医学的なエビデンスに基づく診断方法の復習は、前回までで一応、終了です。個々のデータなどに関しましては、個別に検索するなどして情報を得る必要はありますが、診断の仕方については、十分だと思っています。&nbs…

詳細を見る

鍼灸院の単価を上げ売り上げをアップさせる方法

鍼灸院の単価を上げ売り上げをアップさせる方法

暑くて夏バテ気味なんですが、いっこうに痩せる気配がございません。なんででしょうか・・・ こんにちは、加藤です。鍼灸院の売り上げは以下の3つの要素の掛け算で決まります顧客数(新規) × リピート頻度 × 客…

詳細を見る

鍼灸院の問診はNBMで物語と対話によって行う

鍼灸院の問診はNBMで物語と対話によって行う

さまざまな先生方が問診の大切さを説いています。鍼灸院を訪れる患者さんの属性を鑑みますと、やはり、「問診」より「医療面接」、「インタビュー」という考え方が大切だと思われます。患者さんとの応接は、Narrativeで、その結…

詳細を見る

鍼灸院に新規集客・集患するための3つのなぜ

鍼灸院に新規集客・集患するための3つのなぜ

鍼灸院で新規患者さんを集客・集患する場合は次のことを意識してください なぜそのサービスを受けなければならないのか なぜあなたから受けなければならないのか なぜ今受けなければならないのかこの3つが大事なポイントになりま…

詳細を見る

鍼灸院で患者中心の医療をするためのNBM

鍼灸院で患者中心の医療をするためのNBM

前回までにエビデンスに基づく診断について、復習しました。EBMにも、限界があります。未来予測が苦手という点です。例えば、若手先生の鍼灸院に慢性腰痛患者が来院され、鍼灸治療を希望されたとします。慢性腰痛の治療で、6…

詳細を見る

鍼灸院でPECOを使って患者の問題を定式化する

鍼灸院でPECOを使って患者の問題を定式化する

日常診療の中で、疑問は、常に生じてきます。これは、経験や知識・技術の多寡にかかわりません。この疑問にどう対処していくかは、臨床家である限り続いていきます。この疑問は、大きく2つに分けられます。 (さらに…)…

詳細を見る

鍼灸院でもチラシで集客できますか?

鍼灸院でもチラシで集客できますか?

鍼灸院でもチラシで集客できますか?この質問をよく受けます。これを僕に質問する鍼灸師の先生の気持ちは、たいてい省略されています。正しく言うと、おそらくは鍼灸師がチラシをまこうとしても、あはき法の広告制限(あはき法第7条…

詳細を見る

鍼灸院での仮説演繹法による診断プロセス

前回までで、エビデンスに基づいた診断をするにあたり必要なツールを復習しました。では、実際にそのツールをどう利用するかが、問題になります。診断にあたり用いられるプロセスは、いろいろありますが、EBMとして利用する場合は…

詳細を見る

鍼灸師が感度・特異度を勉強するためのおすすめ書籍

鍼灸師の感度・特異度おすすめ書籍

ブログ読者の鍼灸マッサージ院の先生からこんなご質問をいただきました※質問された先生には公開許可をいただいています----- 質問 ---------------------------------感度…

詳細を見る
鍼灸院の問診 無料レポート
鍼灸院集客経営7日間無料メールセミナー